私はずっとある事故死体に苦しんでいた…ヘリの下敷きになった青年がこっちを見てる映像が急に写し出されたタイトルも無いビデオ、小学生の頃だったいつしか記憶から消し去ったけどその青年は私の友達としてずっと頭の片隅に浮かんでた…最近、彼は消えた克服と同時に…そのとたん彼は私に言った…「後は君1人で…」って彼は天国へ旅だった
私はずっと君の救い方を考えていた…どうしたら君の苦しみを理解してあげられるのかを…ある曲を聞いて解った叫べば良かったんだって叫びさえ出せない彼のかわりに死ぬほど叫べば良かったんだって…でも彼は、もういない…今まで彼の孤独死と私の孤独は一心同体だったのに…もういない


[修正] 2018/01/07 14:06
fpoym3-vezB1pro08.ezweb.ne.jp

テキスト投稿ボード
名前 sage機能
メール アドレス非公開
ウェブ
ICON PREVEW
COLOR
KEY 修正に使用
掲示板TOPPAGE サイトTOPPAGE